最近の活動を見る

最近の活動を見る

 

ホーム最近の活動を見る写真

ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会

[写真] 2013年05月15日


超党派による「ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会」に出席。
平沼赳夫先生を会長とする新体制で、事務局次長を務めることになりました。

本日の懇談会では、国賠訴訟全国原告団協議会(全原協)の谺代表、全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)の神代表をはじめ、弁護団、入所者の方から、以下の要請を受けました。

要請の趣旨
(1)国家公務員の定数削減計画の対象から国立ハンセン病療養所職員を除外すること。
(2)国立ハンセン病療養所の賃金職員の早期定員化に向けての長期計画を策定すること。
(3)国立ハンセン病療養所の医師・看護師・定員の充足を図ること。

療養所の入所者の高齢化が進む一方で、医療や介護に従事する職員の定員が削減され、食事、排泄、入浴などの介助が十分に行われていないのが実態です。

また、香川県では、大島青松園の官用船の継続と船舶職員の補充が課題となっています。

こうした問題の解決にこそ、政治主導が不可欠です。
党派を超えて、関係議員と協力をしながら、問題解決に向け全力を尽くしていきたいと考えています。


訪米(5/7〜5/11 日米国会議員交流会議)

[写真] 2013年05月15日

日米議員交流会議に参加するため、5月8日~10日の3日間、ワシントンDCを訪問しました。
この会議はジョージワシントン大学がコーディネートして、25年にわたって行われている歴史あるプログラムです。両国とも超党派の議員が参加し、米の経済政策や、北朝鮮、尖閣諸島の問題などについて活発な意見交換を行いました。

ブログ「訪米報告(第2のニクソン・ショックに備えよ)」



ヨルダン大使と再会

[写真] 2013年04月12日



国際局の中東担当副局長として、幹事長とともに在京アラブ外交団の表敬を受けました。
外務省出向時代にヨルダンを担当し、その頃からヨルダン大使とは特に親しくさせていただいています。


予算委員会で質問に立ちました。

[写真] 2013年04月09日





本日の予算委員会で、アベノミクスによる長期金利の急騰のリスクや、財政規律のゆるみなどについて、安倍総理、麻生大臣に質問しました。

質疑の内容は衆議院TVでご覧いただけます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

質疑で使用したフリップはこちらからダウンロードしてご覧いただけます。



歳入庁設置法案(みんなの党との共同提案)について説明しました。

[写真] 2013年03月26日


年金保険料と国税の徴収を一元化する歳入庁設置法案については、野党共闘の取組の一環として、これまでみんなの党と協議を続けてきました。
このたび二党で合意した法案について、党政調の「社会保障と税の一体改革調査会」で私から説明し、了承されました。
この日の夕方に開催された「次の内閣」において法案審査され、議員立法として国会に提出できる手続が整いました。


このページの先頭へ